淡路島 三熊山 洲本城WEBガイド

洲本城のご紹介を致します。淡路島 三熊山にある洲本城は、国指定史跡です。

洲本城 HOME洲本城の歴史洲本城のみどころ洲本城の写真インフォメーションこのサイトについて
洲本城の石垣

HOME >> 洲本城の見所 >> 洲本城で最も古い石垣

更新履歴
洲本城のみどころ

洲本城で最も古い石垣

洲本城 みどころ地図 洲本城で最も古い石垣
洲本城で最も古い石垣 E 洲本城で最も古い石垣

 現在は、木々が生い茂っているため、確認するためには長靴、長袖の衣服着用が望ましい。ちなみに、洲本城のボランティアガイドも、東の丸方面へのガイドは現在行っていない。(草木が生い茂り、ハチ・ヘビなどの危険性があるため。三熊山にはマムシもいる。)そのため、もし見に行くのなら自己責任で。(オススメしているわけではありません。特に、夏季は危ないと思います。)

 洲本城では、もっとも古い石垣である。東の丸二段の郭で小丘上にあり、かつては、大阪湾、紀淡海峡が広く見渡すことができた石垣。そのため、水軍の指令所として機能していたのではないかと考えられる。石垣自体は低く、隅角部の積み方も、天正時代のものとみられる。

↓写真@ 洲本城でもっとも古い石垣。仙石久秀が石垣の城を築き始めた初期の頃のものであろう。東の丸付近にある石垣はどれも非常に古びており、趣があるが、写真からもわかるように、草木が生い茂っている。東の丸へゆくためには、草木が生い茂っている道なき道を進む必要があり、夏場は特にヘビ・ハチなどの危険があるためにオススメしない。

洲本城で最も古い石垣 1
ホームページ内の文章・写真・動画等の無断転載・使用を禁じます。
(C) Copyright 2009 sumoto-castle.net All rights reserved.