淡路島 三熊山 洲本城WEBガイド

洲本城のご紹介を致します。淡路島 三熊山にある洲本城は、国指定史跡です。

洲本城 HOME洲本城の歴史洲本城のみどころ洲本城の写真インフォメーションこのサイトについて
洲本城の石垣

HOME >> 洲本城の見所 >> 残念石

更新履歴
洲本城のみどころ

残念石

洲本城 みどころ地図 残念石
残念石 Q 残念石

 西の丸へ行く途上、右手に出てくる。洲本城で現在発見されている唯一の残念石。

 三熊山は泥岩・砂岩・礫岩などがあちこちに見られる。三熊山は和泉層群とよばれる地層であり、中生代白亜紀末の海に堆積したかつての海底が隆起して出来た岩盤の山であったといわれている。(事実、この三熊山からはアンモナイトなどの化石も発見されており、下の城「淡路文化資料館」にはそれらが展示されている。)

 つまり、三熊山そのものが巨大な岩石で構成されており、脇坂安治はこの豊富にある岩石を活用して城郭を造った。適度な岩に、ノミで矢穴を彫り、クサビを入れて石垣の石を切り出した。そのため、今も矢穴のある石垣が多く見受けられる。

 写真の「残念石」も矢穴を彫り、割る用意もできているが、どういう理由かそのままの姿で現代にまで残っている。洲本城城郭に確認できる残念石はこれ一つのみである。

 また、この残念石の裏側からは、大浜海岸と洲本城天守閣を一望することができる。

↓写真@ 残念石。矢穴の痕が残っているが、石垣として使用されずに400年の間鎮座している。中には、神様のように手を拝む人もいるとか。「夫婦仲が分かれることのないように」、「子供が親を捨てて出て行かぬように」など、地について欲しいと願ってのことであろう。

残念石 1

↓写真A 残念石の裏側からながめる洲本城と大浜海岸。写真では白トビしてわかりにくいが、ここからは天守閣を含めた美しい景色を眺めることが出来る。

残念石 2 天守閣と城下をのぞむ

↓写真B 残念石の裏側から眺める天守閣をアップで撮影。

残念石 3 天守閣アップ
ホームページ内の文章・写真・動画等の無断転載・使用を禁じます。
(C) Copyright 2009 sumoto-castle.net All rights reserved.